2015年02月19日

2月13日

ピアノ  水野勝先生
練習曲  「麦の唄」「広い河の岸辺」「二度とない人生」

前半  「麦の唄」「広い河の岸辺」
     「今日もエリーさんが広い河の岸辺を歌っていたね。」
     2曲とも朝ドラの曲なので、ついつい番組の話になってしまいます。
     こういう番組の見方もあるのか・・・
     まるでみなさん、エリーさんになった気分で歌います。

後半  「二度とない人生」
    「今日も、前回と同じ所から始めましょう。」
     (前回できたからといって、今日もできるとは限らない。)
    「う〜ん・・・やっぱり居酒屋風になっちゃいましたね。
    もっと、気取って高級クラブのように。」
     (高級クラブなんか行ったことがあるんかい?無理な注文だと思う。)
  
     「みなさん、音はとれています。発声の問題です。」
     発声練習の始まりです。
     「必ず、ボイスチェンジのところがあるので、そこの部分で換えないと
    押した地声になってしまいますよ。集中して。
    カラオケで気楽に歌うのとは違います。合唱は奥が深いんです。」
    (人生、深くなったのは皺だけの私たち。反省・・・)
posted by 合唱団知多事務局 at 11:25| Comment(0) | 日記

2015年02月09日

2月6日

ピアノ       水野勝先生
ボイストレーナー  國井将子先生
練習曲      「麦の歌」「広い河の岸辺」「二度とない人生だから」

前半   「麦の歌」
      今まで、1,2番だけの練習でしたが、今日は3番の練習です。
     歌詞付けが難しくて、字余りになってしまいます。 
     「広い河の岸辺」 
     合唱用に編曲してもらっての練習です。
     広い河の流れのように聞こえるように頑張ります。

ボイストレーニング  國井先生
   「まずは脱力。」(それは得意!日常生活が脱力状態)
   しかし、頑張らなくてはいけない筋肉が探せない!
   脂肪が邪魔しているのか・・・
   「次は、ぱぱぱって歌って」
   口の筋肉が硬くって歌えない。う〜ん、道は遠く長い。

後半  「二度とない人生」
   水野先生の「今日も終りのほうから始めましょう。」
   「それでは、初めから」
   先生に注意されたところは、そこだけ練習しているときはできるのに
  初めから歌うとできなくなってしまいます。
   二度とない人生は、長い人生なんですね。
     
posted by 合唱団知多事務局 at 10:50| Comment(0) | 日記

1月30日

ピアノ  水野勝先生
練習曲  「麦の歌」「広い河の岸辺」「二度とない人生だから」

前半 「麦の歌」
    最近、朝ドラの曲にはまっている私たち。
    (いえいえ、心に響く曲なのです。
     かつ、一般によく知られているであろう曲。)
   「広い河の岸辺」
    これちょっと前の朝ドラの曲です。
    団員が合唱用に編曲したものに取り組みます。
  
後半 「二度とない人生だから」
   水野先生の「今日は終わりから練習しましょう。」
   (あれ?私たちでは最後までたどり着けない?)
   素直?だけが取り柄の私たち。
   先生の言われることは、すぐやろうと努力していくと、
   悲しいかな、初めに言われたことを忘れていってしまいます。
   忘れない次がおぼえられないのかな???
   覚えていることが 増えていかない・・・・
posted by 合唱団知多事務局 at 10:34| Comment(0) | 日記