2017年03月27日

2017年3月24日の例会

 「ふるさとの四季」は、メドレー曲です。
「ふるさと」で始まり、四季おりおりの童謡を歌い、「ふるさと」で終わる、全曲通すと16分の大作です。

パートごとの音取りも終わり、4声合わせることもできるようになりました。
今後の課題は、それぞれの曲の「色」を出すこと。

ただ歌っていては、私たちは満足するかもしれないけど、聞いている方は苦痛でしょう、と先生にご指摘いただきました。

そうです、私たちは演奏会でお客さんに聞いていただくのです。
私たちの演奏を、わざわざ聞きに来てくれる人を、喜ばせなくてはいけない。

それぞれの曲を独立させ完成させてこその、メドレーです。
今日の例会は、縦ノリの曲を練習しました。
「われは海の子」「こいのぼり」「村祭り」

まだまだ、練習が必要ですが、頭で納得できました。
そして、「忘れないように、書き留めよう!」とみんなで声を掛け合っています。
当たり前の事ですが、再確認すると意識が違います。

忘れちゃわないように、日々の練習を積み重ねていけるように。




posted by 合唱団知多事務局 at 22:33| Comment(0) | 日記