2017年02月05日

2017年2月3日の例会


  分刻みのスケジュール

いつも、黒板に書き出される例会のスケジュール、今回は分刻みでした。

 7:00  祖国
 7:35  旅立ちの時
 7:40  鞠と殿さま
 7:45  ふるさとの四季
 7:50  連絡
8時以降は、水野先生のご指導でした。

過去の練習曲も忘れないように歌いつつ、新しい曲(祖国)も練習したいためですが、このスケジュールどおりに進めるのは、やはり大変です。

まず、楽譜を探すのに手間取ります。
団員それぞれが意識を高め、せめて楽譜をさっと取り出せるような工夫は必要でしょう。


後半、水野先生のご指導では、「ふるさとの四季」を全曲通して歌いました。

今、取り組んでいる「ふるさとの四季」は、メドレー曲ですが、我が団でメドレー曲をやるのは頻繁ではありません。

そろそろ音取りもできるようになり、四声揃えて歌えるようにはなってきました。

が!!
初めて通してみて、メドレーとはこういう事かと痛感しました。
曲が変わると、前の曲を引きずり、音も取れないしリズムにものれないオロオロ状態でした。
 
全曲通して約16分。
完成すれば、とても素敵な曲に仕上がるはず、今から、楽しみです。









posted by 合唱団知多事務局 at 22:31| Comment(0) | 日記

2017年02月01日

2016年1月20日の例会

 
  合唱団知多、大忙しです。

 先週の例会が暴風警報で中止になったため、二週間ぶりの例会。

ゆうゆうの里でのボランティア演奏や、2月には蔵の街桃の節句イベントでの演奏を控えており、また団独自の大きなイベントも企画中で、練習したい曲は山積み。

 練習時間は大切です。

 その対策のためか、年末の忘年会でお酒も入り盛り上がったためか、平日お昼の練習日を月に一回設けることになりました。
 
1月より第3水曜日午前中です。まだまだ試行錯誤ですが、2月3月も予定しています。


 そして、例会運営が円滑に進むように、創造部会が「レッスン計画」を作成しています。

これまでは運営委員会で話し合われていましたが、これからは全団員に把握してもらうように配られました。

これに基づき、毎週の例会が例会担当者によって円滑に進められる、という段取りです。

団員全員の意識も高まっていきます。

 〜前半〜

発声練習
ふるさとの四季
鞠と殿さま

〜後半〜

ふるさとの四季




 
posted by 合唱団知多事務局 at 11:15| Comment(0) | 日記

2017年01月18日

2017年1月13日の例会

 新曲&旧曲、織り交ぜて。

 〜前半〜

「ほたる」
「鞠と殿さま」
「ふるさとの四季」

 一月の「ゆうゆうの里」訪問演奏と、二月の蔵のまち桃の節句イベントでの演奏と、発表の場をいただき、
選曲されたのが、「ほたる」と「鞠と殿さま」です。

 去年、さんざん練習して納得のいく演奏ができるようになっていた曲でしたが、ひさしぶりに歌うとそうはいきません。

人間ってそんなもの。くりかえし練習は必要ですね。

 〜後半〜
 
「ふるさとの四季」より
 ふるさと 村祭り、冬景色、雪、紅葉、われは海の子、夏は来ぬ

 水野先生、今年初めてのご指導でした。

先生がおっしゃるには、わが団は例年、年末年始のお休み明けはそれまで練習してきたものが「0」に戻るのが常だったとか。
(私、記憶がございませんが・・・・)
今日もそれを覚悟してらしたそうです。

ところが、今年は違ったと!!

「0」に戻ってなかったと!!

先生方のご指導による、団員の意識の向上でしょうか。

新入団員も迎え、合唱団知多、ノッテおりまするんるん




posted by 合唱団知多事務局 at 00:03| Comment(0) | 日記