2017年01月08日

2017年1月6日の例会


 新年早々、嬉しいニュースが! 合唱団知多、いい年になりそうです


明けましておめでとうございます

昨年後半、ケガや体調不良に悩まされた団員も、全員顔を揃えることができました。

全員で歌える事、合唱団にとっては当たり前の最低条件かもしれない。
でも、みんな仕事や家事の都合や、体調を崩すこともある。全員で歌える事こそが、一番嬉しい事なのかもしれないですね。


そして、待望の新入団員を迎えることになりました!!手(チョキ)

お二人の方が見学され、即!入団をしていただきました。
感謝&感謝です。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

お年を80歳代とお聞きし耳を疑うくらい若々しい、ベースの方。
そして、本当にお若い30歳代の方はテナーに。

団員全員新鮮な気持ちになり、新しい風が吹くのは間違いないです。
また、お二人のおかげで年齢の幅が広がり、ハーモニーの幅も広がるかしら。
(ブログ担当の私、最年少の座をお譲りしました
。)

休憩時間に、簡単な自己紹介。
名前と年齢を言う、なんとも気恥ずかしい自己紹介でした。年齢不詳が2名。

全般に渡り、國井先生のご指導でした。

 ラジオ体操
 
 発声練習
 
 「ふるさとの四季」より、村祭り、紅葉、冬景色




posted by 合唱団知多事務局 at 00:24| Comment(0) | 日記

2016年12月21日

2016年12月16日の例会

 今度は、体調不良者、続出。

 慢性的男声不足に悩むわが団、新入団員をお迎えする前に、Aさんが体調不良にて長期欠席になることがわかりました。
 Aさんは、持病の治療を続けながら団活動に参加されていました。最近はお元気そうにお見え受けしていましたが。
 早く治して、戻ってきてください!みんなで待っています。

 他にも欠席者があり、今日の男声はテナー、ベース、それぞれお一人ずつでした。

このお二人が、はりきりったのか危機感からか、とても美しく声量のあるハーモニーを披露!
女声陣から、「うま〜い!」「きれい〜!」の誉め言葉と、拍手を浴び、どんどんノッってきます。
お二人で、団内デュオ結成か?
 
 トーンチャイム「きよしこの夜」、完成!
あさってのうたごえ喫茶に向けて最後の練習。最初の練習日より、とっても上手になったと私は思います。
さて、本番はどうなるでしょうか。乞うご期待。

 今日は、國井先生のご指導です。

 発声練習
 旅立ちの時
 ふるさとの四季

ソプラノへのご指導が充実。「音取りは簡単だけど、要求されることは多い。」
特にこの「ふるさとの四季」は、ほぼ全般でソプラノが主旋律を歌います。
まさに、主役!スター!
アルトと男声で下から支えます。頑張ってください!

 今年の例会は、今日が最後でした。
いろんなことがあった一年。来週の「忘年会!!」という反省会で、みんなで振り返ります。

 来年が、いい年になりますように。いい年になるように、頑張りましょう。



 
posted by 合唱団知多事務局 at 10:59| Comment(0) | 日記

2016年12月09日

2016年12月9日の例会

 ギブスも取れて、ソプラノKさん復帰。「若いから、回復も早いのよ〜」とのこと。

〜前半〜

 トーンチャイム「聖夜」
3回目の練習です。前回の課題点を反復練習。
完璧!!とはいきませんが、着々と完成に近づいています。
来週の練習後、うたごえ喫茶でご披露です。
もしかしたら、完璧な演奏がお見せできるかもしれません。

 「旅立ちの時」

 「ふるさとの四季」

〜後半〜

 「ふるさとの四季」 音取り
 20分近くに及ぶこの組曲、水野先生の「絶対できるから!」というお言葉で取り組み始めました。
なんとか最後のまで音取りができ、自分のパートの音と、曲の全体の感じをつかむことができました。


 水野先生のご指導は年内今日が最後、一年間の総括をいただきました。
7月の合唱発表会でも、その後の「ふるさとの四季」への挑戦でも、「ハーモニーを楽しめるようになった。」「他の人の声を聞いて歌えるようになった。」と、嬉しい高評価をいただきました。


 そして、10月から仲間に加わったソプラノMさんにも、感想を聞きました。
若い時の良さではない、年を重ねたからこそ出せる角の取れた温かいハーモニーを、心地よいと感じた。
年を重ねるのは、悪いことではないんだなと思った。


すっご〜〜い誉め言葉をいただきました!!!
これこそ、合唱団知多が進む道かもしれません。




posted by 合唱団知多事務局 at 23:40| Comment(0) | 日記